徳田秋声の随筆集「灰皿」6

5では、横光利一氏の作品の感想でした。今回は、徳田氏と永井荷風氏、菊池寛氏との出会いに加え、両氏の小説家として出発を書いています。また、夏目漱石との出会いと別れも記されており、文壇的に非常に興味深い内容となっております。
“徳田秋声の随筆集「灰皿」6” の続きを読む